人がよく口にする将来〇〇しようと思っているは基本やらないって話

人 口にする 思っている やらない

平日はキャリアアドバイザーとして、求職者にお仕事の紹介をしています。

その中で色んな求職者と出会うのですが、よくいるタイプの人がいます。

それは「思ってる系の人」です。

思ってる系…よく分かりませんよね。

ざっくり思っている系とは、「将来○○したいと思ってるんです!」という人のことです。

本日はそんな「思ってる系の人」と話し、ぼくが日々感じることをまとめました。

とある求職者との出会いと違和感

ぼくの仕事はホームページから登録があった方に対して、電話で現状をヒヤリングするところから始まります。

その日もいつも通り会社のホームページに新規登録が入った。

登録されたのを確認し、すぐさま現状確認の電話をするのがお決まりです。

電話先の方は40代前半の男性の方で、派遣の仕事をこれまで20年間以上やってきた方でした。

どうやら転職を考えた理由は腰を痛めてしまったからだそう。

というのも現職は重い機械を何度も荷下ろしする仕事で、従業員のほとんどが腰に爆弾を抱えているんだとか。

なんともヘビーなお仕事だ。

話を進めていく中で、必ず将来のビジョンややりたいことを聞きます。

今回の転職でやりたいことに繋がる可能性のある仕事をして欲しいからです。

改めてぼくが「将来やりたい仕事はないですか?」とお伺いすると、「プログラマーになりたい」と話す求職者。

深く聞くとこれまで独学で勉強してきたそうですが、ここ最近は勉強もしていないといいます。

今の仕事は派遣の製造業、将来就きたい仕事はプログラマー、これから転職したい先は全く違う業種。

違和感しかなかった。

結局ぼくはもう一度何がしたくて、なんの為に転職したいのかを考え直してみては?とアドバイスし、求職者も改めて連絡しますとなった。

やりたいのにできない理由で逃げている

やりたいことがある人はたくさんいますよね。

ぼくもこうしてブログを通して日々自分の考えを吐き出しています。

そしてあわよくばブログで稼ぎたいです!

先ほどの話でぼくが一番違和感を感じたのは、やりたいのに今やってないということです。

本当にやりたいことであれば、少なからず勉強は続けているでしょうし、転職先も全く関係のない業種じゃないはず。

未経験のプログラマーとして雇ってくれる先がないのであれば、今どきランサーズやクラウドワークスなどで仕事を受注することもできる。

でもやってない。

やりたい気持ちはあるのに行動はせず、できない理由で逃げている気がしてなりませんでした。

しようと思って満足している人が多い

結局

「将来こうなりたいんだよね。」

と思って終わっている人が多すぎます。

仕事柄こういった人に触れる機会が多いので間違いないです。

将来はプログラマーになりたいとか、ブログで稼ぎたいとか、起業したいとか。

深く聞いてみると思っているだけで、今何か実現にむけて動いていません。

思っているだけで何もしない。

自分の頭の中で理想郷を描いてワクワクしているだけなんです。

将来やりたいことを仕事にしてる人は確実に毎日それをやってます。

それも人一倍やってます。

思っているだけで数年後、理想に近づけるとは到底思えません。

やりたいことをやり通す覚悟が必要

人は断片的な良い部分しか見ません。

YouTube界の重鎮こと、HIKAKINさんを例にしてみましょう。

毎日自分の好きなことを動画にとって、多くの人に視聴されることで数億円を稼ぎ出しています。

これは事実であり、仕事として理想的ですよね。

ですがその裏側には7分の動画を作るのに10時間もの時間を費やしています。

寝ている時間以外、全てを動画作成に回している事実があります。

思うに好きなことをやることの代償や辛さを理解していない人が多すぎます。

みんなの憧れとなる人は誰よりも努力しているということ。

この事実を見て見ぬ振りして、憧れている人の真似をしても絶対にうまくいきません。

最初はやること全てが新鮮で数ヶ月間は気合いでうまくいくかもしれません。

ですが1年、3年、5年となると続いてる人はそう多くないでしょう。

つまりやりたいことをやり遂げる覚悟が自分にはあるのかを今一度考え直すことが大切です。

とにかく行動!やるしかない!

覚悟がないからやるの辞めると思う人もいるでしょう。

ですがやらないと自分が続けられるかは分からないのも事実なんです。

やる前から色々情報収集して、やった気になっているのが1番ダメなだけ。

とにかくやりたければやればいいんです。

方法はいく通りもあります。

今の時代なんでも仕事になりますからね。

最初は正解が分からなくて当たり前です。

分からないからこそ、あーじゃないこーじゃないと言いながら、毎日トライ&トライする必要があるんです。

とにかくやりましょう。

そしてやりきりましょう。

人生を変えるのはいつも自分だけです。

まとめ

今回はあくまで一つの例として話しました。

思っている系の思考をしていないか、改めて考えさせられたいい例でした。

結局人は怠け者ですし、辛いことを避ける傾向があります。

いい部分だけを汲み取って憧れるのは自由ですが、本当にそのままでいいのか。

思っているならすぐにでもやりましょう。

最初は誰しも素人から始まりますし、できなくて気にすることはありません。

大事なことは行動と継続です。

さてぼくはブログを書きます!

みなさんは何をしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください