プロフィール

こんにちは!
このブログを運営している『はかせ(@hakase_2150)』です!

このページでは『はかせ』って何者?何でこのブログを運営しているの?といった素朴な疑問にチャチャチャッとお答えしていこうと思います。

そしてこれまでの私がどの様に生きて、どの様な考えで人生を歩んできたのかもお話していきます!

少しでも興味を持ってくれたら嬉しいですし、共通の趣味や共感した部分があれば、じゃんじゃんコメント残してくださいね!

はかせって何者?

改めまして、名前を『はかせ』と言います。

名前:はかせ
生年月日:1990年2月15日(29歳)
出身地:北海道札幌市→親の転勤で横浜→東京都三鷹市で生活中

高校卒業後に神奈川大学/経営学部を卒業し、その後すぐにお笑い芸人の道へ!
そして引退後は社会人として営業職、販売職を経験し、現在に至ります。

ちなみになぜ『はかせ』と呼ばれているかと言うと、高校時代にニックネームとしてつけられたことが始まりなんです。
高校入学2日目に、まだクラスに溶け込めなかった私は教室の一番後ろの席で指回しをしていた所、一つ前の席に座る女の子から一言・・・

「あのぉ・・・ダンゴムシの研究をされていますかぁ?」

「・・・えぇ・・・していません・・・( ゚д゚)」

「はかせって呼んでもいいですか?」

「あぁ・・・はい・・・。」

とカオスな高校生活の幕開けと共に、翌日からクラス中で『はかせ』と呼ばれるようになりました。
何とも奇妙な物語なのですが、ノンフィクションであり、それから今日日までどこに行っても『はかせ』と呼ばれるようになりました。笑

ですが、私自身もこのキャッチーなニックネームをかなり気に入っており、馴染んでいる為、今となれば彼女にはかなり感謝しています♪

1日10時間のネトゲ廃人中学時代

中学時代の僕は感情を面に出す事が上手ではない、気の弱い少年でした。

中学1年生なってすぐに軟式テニス部に所属したのですが、同じ学年の不良少年に目をつけられて毎日の様に殴れていました。
いわゆる”いじめ”ってやつです。

当時は本当に辛い毎日だったのですが、そんな中でも仲良くしてくれる友達や家に帰ってからやるネットゲームが唯一生きる希望でした。
毎日気の許せる友達と流行っていた遊戯王カードを何時間もやったり、休日は1日10時間以上もネットゲームに打ち込む毎日でした。

もちろん女の子と話すのなんて恥ずかしかったですし、気になる子ができても「自分なんて・・・」とすぐに諦める様なへっぽこ少年だったことを覚えています。
唯一、中学時代に僕の心を突き動かしたことと言えば、ふとテレビで観た「M-1グランプリ」でした。

M-1グランプリ2004年大会でお笑いコンビ・アンタッチャブルが優勝を果たした会なのですが、当時僕は放送を生で観ており、アンタッチャブルの優勝が決まった瞬間にテレビの前でまさかの号泣。
普段映像を観て感動することがなかった少年がテレビの中で輝く芸人さんを観て、心動かせれ、それがきっかけでお笑い芸人が自分の中での”憧れ”になったことを鮮明に覚えています。
この時に自分はいつかお笑い芸人になりたい!と思ったんだと今考えるとそう思います。

テニス馬鹿高校時代

自分の中での根暗暗黒期であった中学を卒業し、高校時代に突入するのですが、 入学前から僕は「絶対高校デビューしてやる!」と強く自身を変えることを意識していました。
冒頭でも紹介しましたが、それは自分の行動に関係なく、『はかせ』というニックネームと共に勝手に環境変化を起こし、中学時代とは打って変わってすこぶる元気少年へ進化を研げます!

当時はクラスみんなが友達!むしろ学年みんな友達でしょ!ばりのテンションで生活しており、クラスで話せない人なんていないというコミュ力全開人間となっており、毎日を何も考えずにただエンジョイしていた様に思います。

部活は硬式テニス部に所属し、363日テニスをやっている様なテニス馬鹿生活を行い、強豪校が多いと言われている神奈川大会において、予選5試合を勝ち進んだ者が進める本戦に見事勝ち進む経験もできました。
これによって少しばかりテニスに自身がつき、以降スポーツはテニスならばできる!と胸を張って言える様になりました。

部活の方はこの様に納得の行く3年間を過ごせたのですが、一方受験はというと、進路にかなり迷いました。
というのも、中学時代に抱いたお笑い芸人になりたいという夢を捨てきれずにいたからです。

結果的には親に大学だけは出て欲しいと言われ、仕方なく大学に進学することとなったのですが、受験勉強には全く身が入らず、むしろ全部受験が落ちて、お笑い芸人やってやる!とすら思いながら生活していました。

ですが蓋を開けてみれば5校受験し、2校合格。
結局、神奈川大学に進学することとなります。

酒に飲み込まれし大学時代

僕にとってこれまでの人生で一番楽しかったと言えるのがこの大学時代です。

大学生の本業は自ら学びたい事を学ぶ場だと思いますが、僕はそんな事微塵もせずに、毎日遊びまくっていました!

サークルには○リサーでもお馴染みのテニスサークルに所属し、毎日テニスに遊びに飲み会に全力で参加していました。
ちなみに僕の入ったサークルはぽんぽんお遊びテニスをするサークルではなく、ガチで本気テニスをするサークルだった為、活動日は汗だくでテニスをしていた以上集団であり、みなさんが想像しうるテニスサークルとはかなり変え離れていました。笑

そんなテニスサークルで毎日の様にお祭り騒ぎしていると気づけば大学4年生。
就職のタイミングでまたまた悩みます。

みんなはスーツを着て面接やらインターンやらで忙しい毎日だったのですが、僕はというと自分の人生をエントリーというボタンを押して簡単に決める様な人生でいいのか?と悩んでいました。

一度きりの人生、やりたい事やらなくていいのか?
本当にやりたい事はないのか?嘘ついていないか?

などと考えているうちに結局就職活動をせず、お笑い芸人になる!と決めました。
正直不安よりもワクワクの方が強かったので、恐怖はありませんでした。

ここから僕の夢に対する考え方が大きく変わっていきます。

夢に絶望したお笑い芸人時代

憧れのお笑い芸人になる為、最大手であるよしもと興業の養成所・NSCに入りました。
相方がいない状態で入った為、すぐに相方を探し、そしてネタ作り、発表の日々がスタートします。

これまでやってこなかったプロとしてのネタ作りの基本から芸人としての舞台での立ち振る舞いを学んで行くうちに、これまで持っていた自信はすぐに叩き壊され、半年も向き合っていると完全に自信喪失状態に陥っていました。
学生時代にはそこそこ面白いと言われる存在だったので、自分=面白いという自信があったのですが、実際に職業としてお笑い芸人を目指して感じる絶望感。

面白い人間はゴロゴロいるし、むしろ面白いって何?と毎日悶々と悩み続け、考えすぎて眠れない日々が続きました。
それでもやはり長年憧れてきたお笑い芸人になるという強い決意がある為、結局4年間という時間、お笑い芸人としての活動を続けました。

最終的には舞台に立つことすら辛いと感じるようになりリタイヤしたのですが、これについては今度夢を追いかける辛さと葛藤という形で記事を書きますので乞うご期待!

夢も希望も感じられなかった会社員時代

お笑い芸人という夢を諦め、次に行動したのはとにかく会社員になることでした。
当時年齢は26歳であり、未経験という面もあった為、就職は困難と思われました。

しかし意外にも面接をしてくれる企業は多く、就活1ヶ月そこらで内定をもらい、飲食店向けの企画営業を行う会社に入ることとなります。
入社してすぐに営業マンとしてこれまで同じ年の人たちから遅れている4年間を取り戻す気持ちで毎日努力してやる!と意気込んでいたのですが、まさかの人がいない関係で営業ではなく、広報に回されることに。

営業も未経験であり、広報なんて何するかすらわからない状態でとりあえず何をするか聞くと、PVやらCVRやらCPAやら呪文の様な言葉のオンパレード。。。
毎日の様に聞いた事のない単語をまずは鬼の様に覚える日々が始まり、この時マジで7時起き〜2時就寝という生活で仕事をしていました。社畜とはこの事。笑

そんな鬼の様な毎日を4ヶ月を経験し、人も増えてきた段階で営業職に移動!いや、このまま広報でいいぜと当時は思いましたが。

そして営業に移るとまたまた0からのスタートだったので鬼の様に成績をあげることだけ考え、結果的には営業トップ成績を更新することに!
しかし心の中はどこかふわふわしており、その理由というのが別にやりたいことをやっている訳ではないという事でした。

お笑い芸人時代の夢を追うドキドキやワクワクと、日々ただただ充実感もなく過ぎて行く毎日。
変わらない毎日に限界がきてしまい、1年で退社することにしました。

そしてこの時にこれからは自分の好きな事で生きて行く!と心に決めました。

なぜブログを始めたのか

なぜいきなりブログを始めたかというと、2018年8月に大学時代の友人4人と集まる機会がありました。

久しぶりに集まった懐かしい顔ぶれに昔話に花も咲き、充実した時間を過ごしていると、今なんの仕事してるの?というどこにでもある会話が始まりました。

そこで各々が今こんな事してるよ〜と話している中で、

「本当毎日つまんない」
「会社辞めたい」
「生きる目標なんてない」

といった言葉を口にしていました。

お金の為に会社に行く友達
辞めたいのに辞める勇気がなく、精神安定剤を飲んでいる友達
生きる目標がなく、何となく毎日を過ごす友達

そんな彼らを見て、とても悲しくなったのはもちろん、何か助けてあげることは出来ないのか?と考え、

「好きな事して生きていこうよ!」
「もっと自分にあった道があるよ!」
「新しい趣味を見つけたらきっと変わるよ!」

などと元気づけようと言葉をかけると、

「お前は凄いよ」
「俺には出来ないよ」
「生きている世界が違うんだよ」

と言われる始末。

飲み会が終わり、家に帰って楽しかった事を思い出している中でどうしても消えない大好きな仲間の悩み。
自分に何かしてあげることはないか?同じ様に悩んでいる人の手助けは出来ないのか?

そう考えているうちに自分の気持ちや考え、これまで経験した事を発信して、誰かの背中を押したり、これからの未来の手助けが出来ないかと考え、この『いちたす!』というブログを開設することにしました。

ブログタイトルは単純!
辛い毎日に一を足す。要は幸せになって欲しいという気持ちを込めています。

少しでもこのブログを通して現状・未来に対して前向きになり、元気や勇気を与えられたらいいな思っています。
そして誰しもが自分の納得する人生を送れる様になったらいいなと心から考えています。

これからの活動

これからはこのブログを通して主に「生き方」「働き方」という部分にフォーカスを当てていきます。
そして自分が経験してきた事から得た教訓や考えが少しでも多くの方の力になったらいいなと思っています。

僕自身、会社員としてまだ働いていますが、近い将来は自分の理想のライフスタイルを確立し、やりたいことをやる人生にシフトしていきます。
今はみなさんと変わらない毎日を過ごしていますが、ここから等身大の姿を見せることでどの様にして自分自身で理想を勝ち取っていくのかをお見せできたらと思っています。

まだまだ文章を書くことに対してうまく書けない素人ですが、少しずつ学び、ライターとしてのスキルも成長していきます。
少しずつ僕も理想の自分に近づけていくので、是非今後の活動を見ていてください!
そしてあなた自身も少しでも動き出してくれると嬉しいです!