ブログを再スタート!心機一転始めた理由と決意とは?

ブログ 再スタート 決意 覚悟

ブログを開設してから数日は毎日更新が続いていたのですが、気づけばやらなくなり今に至ります。

そうです、いわゆる三日坊主というやつです。笑

ですが、今日こうしてブログを再スタートしたのには理由があり、心機一転書き連ねていく!という決意を込めて文字にしています。

今回は私が新たにブログ更新に力を入れると考えた理由を話し、そしてこれからの活動についても未来の自分に対して残していきたいと思います!

会社に雇われずに生きたい!

一番の理由はタイトルにもある通り、会社からの脱出です!

辞めたいなら辞めればいいじゃん!という声が耳元でガンガン聞こえますが、一先ず話します。

私の経歴を簡単にお話ししますと、大学卒業後にお笑い芸人として活動し、夢を諦めかれこれ今3社目の会社で仕事をしています。

そして毎度入社して感じてしまう事は会社にいくのか辛いということ。

おそらく誰しもが行きたくけれど生活の為に会社に行っている事でしょう。

もちろん私自身も会社にいく理由はまさにそれだけです。やりがいや目標などは一切なく、お金の為に毎日出社しています。

この生活がやはり自分には物凄く辛いものであり、毎日朝起きた時に感じる仕事かあという気持ちが本当に辛いんです!

なのでどうすれば会社に行かずに生きていけるんだ?と調べたところ、その中にあったのかブログでした。

ツイッターやネット上には会社に雇われずに生きている人が数多く存在しています。

その中で一つの選択肢としてあったのがブログだったということです。

なんとも安直な理由での選択だったのですが、意外とこれが自分には合っているような気がして、改めて再スタートしたというわけです。

理想の生活を送りたい!

ブログで生きている人を見ると毎日の記事更新という大変さもありますが、何よりみんな楽しそうに生きています。

自分の好きな人と、好きな時間に、好きな場所で生活する姿がキラキラして見え、あぁ自分もあの世界に行きたい!と思う毎日です。

もちろん理想は理想でありそう簡単ではない事も理解しています。事実ブログで1ヶ月の生活費を工面する+余裕のある収支となるとかなり努力が必要かつ、知識が必要です。

ですが、長い人生を考えるとそこに費やした5年や10年でのちの人生がガラッと変わるかもしれないのであればやる価値は十二分にあると感じています。

ですので、自分が描く理想の生活の実現に向けて、まずは毎日ブログを書く!という点から始めていこうと決めたというわけです。

同じ気持ちを抱く仲間と共有したい!

私の周りには自分と同じような会社勤めの方しかいません。

当たり前の事でみんな生きる為に働き、週末に羽を伸ばしています。

ですが一つ私と絶対的に違うのは嫌な現状から抜け出そうとはせず、淡々と終わりゆく人生を過ごしています。

これが私にとってはとても嫌な事であり、みんながみんな少しでも幸せを感じる毎日を過ごせたらいいのにと心から願っています。

おそらくですが、自分も含めて方法が分からず仕方なく嫌々働いているんだとは思います。

しかし、もし自分が行動する事で何か抜け出す糸口が見つかり、共有する事で人生が変えられたらこんなに素晴らしい事はありませんよね。

なので、私がまずは率先して行動して、こうすればうまくいくよ、こうするとダメだったよなどと包み隠さずにお見せできればより共感者が増えて、同士が増えていくと考えています。

私自身何をすれば正解で何が失敗かは全く分かっていないですが、それでもまずは行動!と言う事でこうしてブログを通して気持ちの整理を行いました。

もしも何かしらのきっかけで記事を読んで同じと気持ちの方がいれば是非連絡してください!

まとめ

結局自分が大学を卒業してから思っている気持ちに何も変わりはなく、会社に出勤する自分は本当の自分ではなく、仕方なくやっている事でしかないという事です。

もちろん生きていく為には働かなければどうにもならない事は理解しており、だからこそ今もなお嫌々ながら会社に毎日向かっています。

ですが、やはり一度きりの人生なので少しでも自分の理想的な人生を送りたい!という気持ちは誰しも抱えていると思います。

そんな無理だろうと感じている理想の生活に向けて、自らが実験台となり、少しでも嫌な毎日から脱出する術を同じ気持ちを抱える皆様と共有できたらと考えています。

すぐには結果は出ないでしょうし、3年から5年なんら変わらない毎日が続くと思います。ですが、少しずつゆっくりと人生を変えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください