初めてのWordPressの始め方!初心者向けに設定方法を図解で解説

初めて,WordPress,始め方,初心者,設定,方法,図解,解説

ブログで稼いでいる人のほとんどが有料ブログを使っています。

様々な有料ブログサービスがある中で、僕は一番利用者が多い『WordPress』をオススメします。

理由としては、カスタマイズの自由度と完全個人所有でのブログ運営が可能だからです。

正直初心者の方がWordPressの初期設定に挑むと、訳わからん言葉が多くて困惑します。

ちなみに僕も設定に1時間近く要した記憶があります・・・トホホ。。

ということでこれからWordPressを使いたい方のために、画像付きで設定方法を解説しました。

基本的に画像通り設定してもらえれば、誰でもちょちょいなので、是非参考にしてみてください!

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)は企業から個人まで、幅広いユーザーに利用されているブログサービスです。

実はWordPressには有料版と無料版があります。

無料版は「はてなブログ」や「アメーバブログ」と同じく、広告が自動で表示されたり、自由にカスタマイズできなかったりします。

また規約違反を起こすと、ブログ自体が削除されるなど、利用リスクが高いです。

反して有料版は、カスタマイズの自由度が高く、自分の好きなデザインでブログ運営ができます。

ブログで稼いでいる方の多くがこの有料版WordPressを利用していると言っても過言ではありません。

WordPressを利用する上でメリットは多くありますが、デメリットももちろんあります。

それは集客面や安全面を自分で全て担わなければならないということです。

無料ブログの場合、元々のドメインパワーが強いため、記事をアップロードしてからアクセスが集まるまでの時間は比較的早いです。

また安全面に関しても会社側が管理しているので、自身でセキュリテイ管理をする必要はありません。

しかしWordPressについては集客するまでにSEO対策を学ぶ必要があります。

安全面も独自SSL対策を行うなど、しっかりとしてケアが必要となります。

無料ブログと有料ブログにはそれぞれ良し悪しがあるのは言うまでもないんですけどね。

WordPressの設定完了までの流れ

WordPressを利用するには大きく分けて、6つの作業が必要です。

設定までの流れ
  1. サーバーと契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを紐づける
  4. 独自SSL設定をする
  5. WordPressをインストールする
  6. WordPress内の初期設定をする

独自ドメイン!?
独自SSL!?

と聞いたことがない言葉に困惑してしまいますよね。

聞き慣れないので仕方がないですが、一度説明を聞けば意外と簡単なので安心してください。

基本的には以降ご紹介する手順通り行えば、ばっちり設定が完了します。

WordPressの設定方法

①サーバーと契約する

サーバーはサービスを提供するコンピュータの役割であり、いわば土地のようなものです。

まずは土地を借りて、そこに自分の家(WordPress)を建てていくと思ってください。

それではサーバーを借りに行きます。

個人的にオススメのサーバーは『エックスサーバー』です。



「高速」「多機能」「安定性」に優れているレンタルサーバーで、月額900円前後で借りれるのも魅力の一つといえます。

またメールサポートは365日24時間対応してくれますし、電話サポート(土日祝以外)もしてくれるので、初心者にはぴったりなんです。

まずはエックスサーバーにアクセスしましょう。

エックスサーバー 設定

「新規サーバーお申込みでずっとドメインが無料!」をクリック!

エックスサーバー 設定

「エックスサーバーの新規お申し込みはこちらから」をクリック!

エックスサーバー 設定

「エックスサーバー会員IDを持っていない」と書かれている下部にある「新規お申し込み10日間無料お試し」をクリック!

エックスサーバー 設定

各項目に記入をしていきましょう。

わかりにくいところでいうと、契約内容の2項目目の「プラン」というところですが、「x10」を選択でOKです。

あとは「インフォメーションメールの配信」については不要であればチェックマークを外しておきましょう。

全項目の記入が済んだら、「お申し込み内容の確認」をクリック!

エックスサーバー 設定

記載内容に誤りがなければ、「SMS認証・電話認証をする」をクリック!

認証が完了したら、登録したメールアドレス宛にメールが来ていることを確認しましょう。

エックスサーバー 設定

「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (◯◯◯.xsrv.jp)」というメールが来ていれば、問題なく登録できています。

このメールは今後のログインなどで重要となるので、無くさないように保存しておくか、スクショをとって残しておきましょう。

上記のメール受け取り後、改めてエックスサーバーにアクセスしましょう。

エックスサーバー 設定

右上あたりにある「ログイン」から「インフォパネル」をクリック!

エックスサーバー 設定

先ほど受け取ったメールに記載されていた「会員IDかメールアドレス」「インフォパネルパスワード」を入力しましょう。

メール内の「ユーザーアカウント情報」の項目に記載されているのでチェックしましょう!

エックスサーバー 設定

ログイン後、左中部にある「料金のお支払い/請求書発行」をクリック!

エックスサーバー 設定

下部の「サーバー」と記載されている欄のチェックボックスにチェックをいれ、「支払い方法を選択する」をクリック!

更新期間に関してはお好みでOKです。

僕は長くブログ運営をする気持ち満々だったので、1年で更新しました。

エックスサーバー 設定

支払い方法は

  1. 銀行振込
  2. クレジットカード
  3. コンビニエンスストア
  4. ペイジー

の中から、お好きな方法を選択しましょう。

あとは流れに沿って、支払いが完了すればサーバーの契約は完了です!

②独自ドメインを取得する

サーバーとの契約が完了したら、次は独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインとは、インターネット上のホームページを認識するアドレスのようなものです。

サーバーが“土地”ならば、ドメインは“住所(看板)”といったイメージですかね。

独自ドメインの取得には「お名前.com」というサイトがオススメです!

エックスサーバーでドメインを取得することも可能ですが、値段の面で「お名前.com」の方がお得なんです。

お名前.com ドメイン取得

お名前.com」にアクセスすると、検索窓があります。

ここに好きなドメインを入力します。

ドメインは僕のブログのURLでいうと、ichi-tasu.com⇦この部分のことです。

今回は「ichi-tasu01」で検索してみました!

お名前.com ドメイン取得

すると中部にチェックマークがつけれる欄があります。

これは「ichi-tasu01」の後ろにつくドメインを選べるということです。

一番主流なのは「.com」なのですが、お好きなものでOKです!

もしも「.com」で取得可能なのであれば、無難に「.com」でいいでしょう。

お名前.com ドメイン取得

「.com」にチェックをいれて、右端の「料金確認へ進む」をクリック!

お名前.com ドメイン取得

最低購入可能期間は1年からとなっており、とりあえず1年でいいです。

もしも確実に長く運営するのであれば、2~3年と選んでもOKですよ。

ちなみに「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」のチェックボックスがありますが、空白でOKです。

契約期間を選んだら、右側に利用可能なメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をクリック!

お名前.com ドメイン取得

表示された会員情報を入力し、誤りがなければ右端の「次へ」をクリック!

お名前.com ドメイン取得

「お支払い方法を選択してください。」という画面が表示されます。

お持ちのクレジットカード情報を入力し、誤りがなければ、右端の「申し込む」をクリックし、取得は完了です!

登録が完了すると、登録メールアドレスにメールが届いているのでチェックしましょう。

お名前.com ドメイン取得

「【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願い」というメールを開き、記載されているURLをクリックしましょう。

「メールアドレスの有効性を確認させていただきました。」と表示がでれば、晴れてドメイン取得完了です。

先ほどのメールとは別に、「[お名前.com]会員情報変更 完了通知」というメールも届いています。

こちらのメールに記載されている会員IDは以降で使用するので、消さないように保存しておきましょう。

③サーバーとドメインを紐づける

ここまででサーバーとの契約、ドメイン取得が完了しました。

現在の状況としては、家(ブログ)を建てる目標を掲げ、土地(サーバー)を借りて、そこに住所(ドメイン)となる看板を借りれたイメージです。

次はこの2つを組み合わせていく作業を行います。

2つを紐づけていく作業なんですが、なんら難しくないのでご安心を!

お名前.comでサーバーの設定をする

それではまずお名前.comの会員ページでもある「お名前.com Navi」にログインしましょう。(リンク貼っておきました!)

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

画像の下部にある「ドメイン一覧」という項目に”1件”と表示されていますよね。

こちらをクリックします。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

先ほど取得したドメインが表示されるので、「ネームサーバー」の下にある「初期設定」をクリックします。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

「1.ドメインの選択」の欄にドメイン名のチェックマークは付いているままで、「現在の設定」が「初期設定」になっています。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

「2.ネームサーバーの選択」の欄の「その他」をクリックします。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

すると「その他のネームサーバーを使う」という項目があるので、こちらにチェックをいれます。

画像に記載した通りに“+”ボタンで項目を5つに増やして、同じように入力していきましょう。

  1. プライマリネームサーバー:「ns1.xserver.jp」
  2. セカンダリネームサーバー:「ns2.xserver.jp」
  3. ネームサーバー3:「ns3.xserver.jp」
  4. ネームサーバー4:「ns4.xserver.jp」
  5. ネームサーバー5:「ns5.xserver.jp」

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

入力ができたら、確認画面が出るので、間違いがなければ「OK」をクリック!

「完了しました!」の画面が出れば設定完了です。

反映には最大で72時間かかると表示が出ていましたが、1日もあれば完了していることが多いですよ。

エックスサーバーでドメインの設定をする

お次はサーバー側でドメインを設定します。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

まずエックスサーバーのログイン画面から「サーバーパネル」を開きます。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

サーバーパネルの右上「ドメイン」の欄から「ドメイン設定」をクリックします。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

画像の「ドメイン設定追加」をクリック!

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

お名前.comで取得したドメイン名を入力していきます。

・無料独自SSLを利用する(推奨)
・高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

という項目はチェックされている状態でOKです。

ドメイン名を入力できたら、「確認画面へ進む」をクリックします。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

確認画面が出るので、誤りがなければ「追加する」をクリックし、設定は完了です。

お名前.com ドメイン サーバー 紐付け

おそらく追加ボタンを押すと、上記の画像にもある「無料独自SSLの設定に失敗しました」との表示がでます。

事項でこちらは解消するのでこのまま「独自SSL設定」を行っちゃいましょう!

④独自SSL設定をする

独自SSLって何?と思う方も多いと思います。

簡単にご説明すると、サイトのセキュリティを強化するものと思ってください。

URLの「http://」が「https://」になっているものこそ、独自SSL化してセキュリティ強化したサイトというわけです。

それでは先ほど開いたエックスサーバーの「サーバーパネル」をもう一度開きましょう!

独自SSL 設定 エックスサーバー

ドメイン欄の「SSL設定」をクリックします!

独自SSL 設定 エックスサーバー

「独自SSL設定追加」を選択し、対象ドメインに誤りがないか確認、最後に「追加する」をクリックして完了です。

めちゃくちゃ簡単ですね♪

設定が反映されるまで約1時間くらいかかりますので、時間を空けて確認してみましょう!

⑤WordPressをインストールする

サーバーとドメインの紐付けが完了したので、ここから終盤戦です!

WordPressをインストールし、使える状態にもっていきます。

まずエックスサーバーの「サーバーパネル」を開きます。

エックスサーバー WordPress インストール

サーバーパネルの下部にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

エックスサーバー WordPress インストール

対象のドメインを選択し、「WordPressインストール」をクリックします。

エックスサーバー WordPress インストール

すると上記のような項目が表示されるので各種記入してきましょう。

以下を参照してください。

インストールURL:入力しなくてOK
ブログ名:ブログタイトルが決まっていれば入力。後から変更できます
ユーザ名:設定後は忘れずにメモしておきましょう
パスワード:設定後は忘れずにメモしておきましょう
メールアドレス:利用可能なメールアドレスを入力
キャッシュ自動削除:「ON」のままでOK
データベース:「自動でデータベースを生成する」でOK

全ての項目を記入できたら、右下の「確認画面へ進む」をクリック!

エックスサーバー WordPress インストール

入力内容に誤りがないか確認し、問題がなければ「インストールする」をクリック!

「WordPressのインストールを完了しました。」と表示が出れば、無事にWordPressデビューです!

ちなみに

・WordPressのログイン用URL
・ID
・PASSWORD

上記3つは今後WordPressを利用するのに毎度必要となります。

ですので忘れずにIDとPASSWORDをメモしておくことをオススメします。

WordPressのログイン用URLに関しては、一度開いてブックマークしておきましょう。

もしもWordPressのログインURLが分からなくなった場合、
『https://自分のドメイン名/wp-admin/』でログインできるのでご安心を♪

⑥WordPress内の初期設定をする

URLを”https”に変更する

無事にWordPressのインストールが完了したら、簡単な初期設定だけ済ませちゃいましょう!

先ほど最後に表示されたWordPressのログインURLを開きます。
(https://自分のドメイン名/wp-admin/)

WordPress 初期設定 SSL

ユーザー名は上記で出てきたIDもしくはメールアドレス
パスワードは上記で出てきたPASSWORD

を入力し、ログインをクリックします。

ここからは独自SSL設定したURLをWordPressにも認識させる作業を行います。

WordPress 初期設定 SSL

ダッシュボードと言われるWordPressのトップページにあたる画面が表示されました。

左下にある「設定」にマウスを合わせると、「一般」という項目があるので、そちらをクリックします。

WordPress 初期設定 SSL

・WordPress アドレス (URL)
・サイトアドレス (URL)

上記2つのアドレスの「http:」を「https:」に変更します。

またキャッチフレーズの欄は空白でOKです。

httpからhttpsにリダイレクト設定

先ほど独自SSL設定を行い、ブログURLは「http」から「https」になりましたよね。

リダイレクトの設定というのは、仮に「http」から始めるURLで表示しても、正しく「https」のURLサイトに飛ぶようにする設定をするということです。

まずはエックスサーバーの「サーバーパネル」を開きます。

WordPress 初期設定 .htaccess

サーバーパネルの中部にある「.htaccess編集」をクリック!

WordPress 初期設定 .htaccess

所有ドメイン一覧が出るので、対象ドメインの「選択する」をクリック!

WordPress 初期設定 .htaccess

「.htaccess編集」をクリックすると、コードを入力する画面がでてきます。

最初から入っているコードの一番上(「# BEGIN WordPress」の上)に下記のコードをコピペしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

</IfModule>

コピペが完了したら、右下の「確認画面へ進む」をクリックし、次のページ右下の「実行する」をクリックして終了です。

もしもエラーが出てしまうということであれば、謝ってコードを消してしまったか、コピペミスです。

改めて最初に記入されていたコードに戻して、再度コピペを行いましょう。

パーマリンクの設定をする

パーマリンクとはURLのことで、記事ごとに自分で設定することができます。

例えばこの記事の場合、「https://ichi-tasu.com/」というブログメインURLと、この記事を指し示す「start-wordpress」から構成されていますね。

この後ろにくっついている部分をどのように表示するかの設定をこれから行います。

WordPress 初期設定 パーマリンク

まずダッシュボードを開き、左下にある「設定」にマウスを合わせると、「パーマリンク設定」という項目があるので、そちらをクリックします。

WordPress 初期設定 パーマリンク

表示画面の一番下にある「カスタム構造」を選択し、空欄に「/%postname%」と入力します。

入力が済んだら、左下の「変更を保存」をクリックし、設定完了です。

以降は記事を書く際に毎度自分の好きな文字列に編集して、記事を投稿していきましょう。

WordPress 初期設定 パーマリンク

基本的にはローマ字での設定をオススメします。

というのも日本語で記事投稿すると、記事URLがめちゃくちゃ長くなってしまうので・・・。

まとめ

WordPressは自由度が高く、制約も少ないのでブログで稼ぎたい方にオススメの有料ブログです。

初期設定は慣れない言葉や表現が多くて、わかりにくい点も多かったですよね。

使い慣れてくるとWordPressじゃなきゃ無理だと感じるようになってきますし、使い勝手の良さに感心しますよ。

サーバーやドメイン代で初期費用がかかる反面、無料ブログではできないカスタマイズも多く存在します。

いきなり全てやろうとしても難しいので、少しずつオリジナルのブログにカスタマイズしていってください。

きっと毎日のブログ活動が楽しくなるでしょうし、稼げるようになれば病みつきになりますぞ!

今回の記事を参考に是非初期設定をサクッと終わらせて、記事作成に注力しちゃってください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください