フリーターで居続けることの末路がヤバめ。伝説の白木屋コピペとは?

フリーター 末路 居続ける 白木屋 コピペ

どうも、今日もはかせ(@hakase_2150)です!

20代のフリーターであれば、まだ許されるような風潮がある日本ですが、30代や40代となると深刻ですよね。

わかってはいるけれど、各々の気持ちの中には葛藤があって、いまいち正社員の道へ踏み込めない人も多いはずです。

しかしいつまでもフリーターを続けていくことはリスクが大きく、その末路は悲惨なものだといいます。

歳を重ねていくにつれて、フリーターで居続けることの問題点をまとめてみました。

またネット上で有名な「伝説の白木屋コピペ」なるものを入手したので、合わせてご紹介します。

現在フリーターでいる僕ですが、焦りを感じました。。。笑

フリーターで居続けることのヤバさとは?

給与格差の問題

20代のうちは正社員とフリーターの給与格差はさほどありません。

むしろ体力に自信のある方であれば、正社員よりも稼いでいる人が多いのも実情です。

ですがこれが30代、40代に突入すると自体は逆転します

正社員であれば、昇給や賞与といった+αがドンドン増していき、年収ベースで約100~200万円以上の差が生まれてきます。

また正社員とフリーターの平均的な生涯年収の差は3~4倍と言われており、この格差を埋めることは不可能に近いです。

両者の生涯年収
正社員・・・2~3億円
フリーター・・・5~8千万円

就職困難のリスク

今はどの業界も人手不足であり、年齢が高くても内定獲得のハードルは高くはない印象です。

30代前半でも未経験OKな求人に応募できたり、職歴があればアピール次第で就職できる方も多いようです。

しかしこれが40代になるとほぼ正社員での雇用は難しくなります

直近までどこかで働いていた方であれば、経験や実績を活かした再就職が可能ですが、職歴や経験なしで40代となると自体は深刻です。

とある転職支援サイトによると、40代が最後のボーダーだそうで、それを越えるともう正社員は厳しいんだとか・・・。

まだ若いからいいや〜と思い、気づけば40代!なんて事だけは避けなければなりませんね。

年金受給額が下がる

国民年金を払っているフリーターと、厚生年金を払っている正社員では将来受給できる年金額に差がでます。

国民年金の場合
→6万5,000円前後

厚生年金の場合
→15万円前後(単身)
→20万円前後(妻が専業)

若いうちからしっかり年金を納めていないと、60~70代になってもアルバイト生活が必要になってしまいます。

体力も落ちていくので、今の感覚でいうアルバイト生活とは訳が違うことだけは理解しておきたいですね。

※正直今20~30代の方が年金をもらえるのか自体が怪しいですけどね。。。

伝説の白木屋コピペとは?

ネット上には実際にフリーター生活を続けた人たちの生の声が多数あります。

その中に2チャンネルで話題となった『白木屋コピペ』というものがあるのをご存知でしょうか?

一部内容を抜粋したのでご覧ください。

なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、
おごってもらったのが白木屋だったな。
〜〜〜〜〜
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
〜〜〜〜〜
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を
いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?
〜〜〜〜〜
だけど、もういいだろ。
十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ

<出典 ナマケモノ速報>

ひどすぎる。笑

事実かどうかはさておき、このような見られ方をされてしまう可能性は十分にありますよね。

少し過激な表現かとは思いますが、フリーターというだけで世間からの見られ方が良くないのも事実です。

はかせ

理由のないフリーターほど厳しい目で見られる物はない!メンタルおばけじゃないときちーです。。。

フリーターから今すぐ脱却するには?

思っているよりも自体は深刻そうだ・・・と感じた方は今すぐにでも現状を打破する必要があります。

フリーターでいることのリスクを考えると、まずは”正社員になる“というところを目指すのが得策です。

しかしいきなり正社員となると、これまでフリーターだった身からするとハードルが高いですよね。

また間違った就職先、いわゆるブラック企業に入ってしまうリスクをあるので、自分で調べて動くのも少し怖いはず。

ですので僕がオススメする方法としては転職支援サービスに全て丸投げしてしまうということです。

正直これまでの職歴がなかったり、スキルがないことを意外と気にしている方も多いと思います。

僕自身、26歳まで正社員になったことはなく、大学卒業後もフリーターでした(正確には売れないお笑い芸人でした笑)

自分にはないもないから正社員無理でしょ・・・と半ば自信もなかったことを覚えています。

ですがそこからスムーズに正社員になれたのは、転職支援サービスに任せたからです。

自分一人では難しい転職活動を優しくサポートしてくれるので、年齢や経験気にせずとりあえず登録しておくことをオススメします!

フリーターのおすすめの転職支援サービス

ジェイック

jaic ジェイック フリーター 転職 就職

これまで転職活動をしたことがない方でも安心して利用できる業界最大手のフリーター向け転職支援サービスです。

この会社のスゴイところはフリーターの就職成功率が驚異の80%超えという点です。

長らくフリーターを経験してい方はもちろん、初めての就職活動でも優しくサポートしてくれるので、まずはジェイックから登録してみることをオススメします!

UZUZカレッジ

uzuzカレッジ フリーター 転職 就職

ウズウズカレッジの特徴は相談に乗ってくれるアドバイザー全員が元フリーターであるという点です。

元フリーターだからこそ分かる転職活動への不安や悩みを親身になって相談に乗ってくれるのが、ウズウズカレッジの一番の魅力ですね!

年齢やキャリアなどを人に話すことに抵抗がある方であれば尚更、力強いパートナーになってくれますよ♪

ハタラクティブ

ハタラクティブ フリーター 転職 就職ハタラクティブ書類審査通過率91.4%、内定率80.4%の実績を持つフリーター・未経験者向けの転職支援サービスです。

どんな仕事が自分には向いているのかって正直分かりませんよね。

ましてや正社員ともなれば、人生を大きく左右する転職活動ですし、失敗したくない方も多いはずです。

ハタラクティブなら自分に向いている仕事を発見してくれる無料のカウンセリングや、未経験OKな求人を2,300件以上も保有しているので、安心しながらの転職活動を可能です。

全国に9箇所のカウンセリング支店があるため、まずは足を運んで話を聞いてみるといいかもしれませんね!無料ですし。笑

まとめ

フリーターで居続けることは歳を重ねる毎に深刻化していくのは間違いありません。

今はまだ若いからいいかと思っていると、気づけば30代、40代と歳を取っていたなんてこともあります。

危機感を持っていないと、フリーターの末路は悲惨なものなので、できれば早急に対処が必要です。

しかし正社員となると経験したことがない分、転職活動のやり方がわからないという方も多いですよね。

そんな方は自分一人で動き出さず、転職支援サービスを使ってスムーズに内定まで取ってしまうのが正社員への最短ルートです。

今回ご紹介したサービスはどれも費用がかからないですし、話を聞きにいくだけでも今後のイメージがつきやすいはず。

まずは現状を話して、あとは二人三脚で内定までこじつければ、意外と転職活動は難しくないかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください