【感想】約束のネバーランドはアニメも面白い!2期はいつ?【ネタバレ有】

感想 約束のネバーランド アニメ 面白い 2期 いつ ネタバレ

週刊少年ジャンプの中で、ひときわ今人気の作品があります。

それは『約束のネバーランド』です。

今更かよ!と感じる方も多いと思いますが、2019年1月にアニメが放送され、また再熱していることは間違いないでしょう。

週刊少年ジャンプらしさを感じない展開とストーリー性が読者を魅了する作品なのですが、私も実際にアニメを視聴し度肝を抜かされました。

「まだこんなにも面白い漫画があんのかい!Σ(゚д゚lll)」と。

ですので、本日はアニメ版を視聴した感想とレビューをまとめてみました!

まだ観たことがない方にはかなりおすすめの作品なので、是非参考にしてみてください。

注意
以下ネタバレを含みます!お気をつけを!

約束のネバーランドってどんな作品?

約束のネバーランドは、白井カイウさん原作の漫画であり、少年ジャンプで現在も連載されています。

「約ネバ」とも略され、当初は「ネバーランド」というタイトルのみだったそうです。

ちなみに「約束の」という言葉が付け加えられたのには理由があるそうですが、最終話までみてからのお楽しみなんだとか・・・気になる。笑

デビューは2016年8月1日で、登場するやいなや数々の賞を受賞するなどと注目を集めました。

2016年 漫道コバヤシ漫画大賞2016 期待の新連載賞
2017年 第3回次にくるマンガ大賞 コミックス部門2位
第63回小学館漫画賞 少年向け部門
マンガ新聞大賞2017 大賞
2017年 漫道コバヤシ漫画大賞2017 グランプリ
2018年 このマンガがすごい! オトコ版1位
2019年 第23回手塚治虫文化賞 ノミネート

<出典 wikipedia>

従来のジャンプ漫画であれば連載から最終話まで、かなりの巻数をもって終話するが、原作の白井さんいわく、20巻以内に終わる漫画を目指しているそうです。

2019年3月現在、13巻まで発売されているので、あと7巻で話が終わると考えると、どんな展開になるのか気になって仕方ないですよね。

何を隠そう約束のネバーランドを読んだり、観たことがある方はわかると思いますが、先が読めない展開こそ本作の魅力です。

終わりが見えないストーリーなのにもう半分は終わっているなんて・・・良くも悪くもすごい漫画ですよね!

約束のネバーランドのアニメ2期はいつ放送?

アニメ1期を見終わると確実に思うのは、2期いつやんのさ!!ということです。

1期の終わり方が秀逸過ぎて、早く見たくて震えますよね。笑

少し調べてみましたが、1期で放送された内容は2019年3月で発刊されている全13巻の1~5話あたりの内容なんだとか。

孤児院脱出編というくくりになっているそうで、残り8巻を今すぐ放送してしまうと、原作に追いついてしまうんだと言います。

ではいつ頃2期は放送されるのでしょうか?

放送されたノイタミナというテレビ枠を例にあげると、過去に話題となったサイコパスや冴えない彼女の育て方などは、1期から2期までに約2年ほど空いています。

ですが、原作漫画が2019年3月の段階で世界累計1000万部を超える売上を記録していることから、1年後の放送となるのではないかという説が強い。

ジャンプ作品は話題性を大事にすることが多く、実写映画となった暗殺教室なども1年で2期が放送されています。

よって、確実ではないが、2期放送は2020年1月となる可能性は高そうです!

約束のネバーランドのここが面白い!

ダークファンタジーかつサスペンス

子どもが運命に逆らうかのごとく、孤児院を脱出するというストーリーなのですが、全体の雰囲気として、かなりサスペンス要素が強い。

従来のジャンプ作品といえば、ヒーロー見参!勇気と友情!熱い心!といった、少年のハートをくすぐる題材が多かったと思います。

ですが、約束のネバーランドはどこかシリアスで、ハラハラさせる展開が続きます。

また1話で同じ孤児院のコニーの残酷な死に方や、ママの悪魔的な目つきなどは狂気ささえも感じます。

このダークでシリアスな空気感が約束のネバーランドの魅力であり、見るものを引きつける要因の一つだと思います。

可愛らしい少年少女の絵に騙されてはいけませんね。笑

1手先が全く読めない

ヒーロー系などの格闘漫画が多いジャンプ作品の中で、ここまで次の展開が読めない漫画も珍しいです。

悪いやつが出てきて、倒して次の話という単純な展開ではなく、幾度となくママやイザベラに行く手をはばまれる絶望感。

1話進むにつれて、次がどうなるのか一切読めないですし、アニメ1期の最後も衝撃でした。

1歩進んで2歩下がるけれど、天才的頭脳の子どもたちが負けじと立ち上がる姿は、観ていてワクワクします。

1期は全9話と短めの1クールではありますが、気づけば全部見終わっており、次いつやるの!?と待ちきれない気持ちなること、間違いなしです!

子どもVSオトナの心理戦

先ほど魅力の一つとしてあげたシリアスな展開を作り出しているのは、子どもたちとオトナの心理戦が関係しています。

孤児院を仕切るママことイザベラと、シスタークローネを出し抜いて、いかに脱獄を成し遂げるかの駆け引きが見所だ。

また運動神経抜群なエマ、戦略家のノーマン、博識なレイの3人それぞれの役割が絶妙です。

一人欠けるとうまくはいかず、また一人突っ走っても失敗する。

そんな状態でいかに戦略的に騙しながら駆け引きを行なっていくかを計画し、実行している姿は見ていてワクワクします。

そして計画を実行し、うまくいったかと思えば、一枚上手なママが出し抜くという展開も、見ている方がマジかよ!と思ってしまうくらいです。

そんな持ちつ持たれつな心理戦こそが本作の魅力でもあり、多くのファンに愛される理由だなと感じています。

まとめ

作品全体のシリアス感や主人公チームの駆け引きは毎話楽しみですよね。

また適役のママ・イザベラの不敵な笑みや、終わりの見えない攻防はハラハラドキドキしてしまうこと間違いなしです。

正直ジャンプ作品は中高生がメインの作品が多いと感じていました。

ですが約束のネバーランドはこれまでメインだった中高生はもちろん、社会人の大人まで幅広く楽しめる作品でしょう。

まだ原作も続いており、アニメ版2期もおそらく来年の1月には放送されるとのことなので、今からすでに楽しみですよね!

エアやノーマンやレイが今後どのように孤児院を脱出し、その後どうなっていくのか、しっかりと最後まで観続けたいと思えた作品です。

dアニメストアはもちろん、Amazonプライム(30日間無料トライアル中)でも視聴が可能なので、お好きなサイトですぐにでもチェックしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください