ドラマ「アンフェア」のキャストと結末!予想できない真犯人が見所【ネタバレ】

ドラマ,アンフェア,キャスト,結末,真犯人,見所,ネタバレ

こんにちは、今日もはかせ(@hakase2150)です!

2006年に放送されて話題となったドラマ「アンフェア」を最近初めて視聴しました。

実は両親からもおすすめされたドラマだったんですが、如何せんドラマをあまり見ない僕はずっと見てなかったんですよね。

改めて1話からしっかりと見てみたのですが、思った以上に面白くて、3日経たずに一気見してしまうほどでした。

次が気になる展開が続き、ラストは衝撃の真犯人の登場にかなり驚かされました。

是非見ていない方に見て欲しい!ということで、あらすじやキャスト、気になる結末までまとめてお届けします!

注意
以下ネタバレが含まれます。ご注意ください。

ドラマ「アンフェア」とは?

ドラマ,アンフェア,キャスト,結末,真犯人,見所,ネタバレ

<出典 ciatr>

「アンフェア」は、フジテレビ系にて2006年に放送されたテレビドラマです。

舞台は警視庁で、次々に発生する難事件の解決に立ち向かう一人の美人刑事のお話です。

大変見応えのある作品に仕上がっており、のちにスペシャルドラマと映画版も公開されています。

放送当時の反響も素晴らしく、放送終了後に続編を希望する声が多数乗せられたんだといいます。

10年以上前のドラマでありながら、ストーリーが素晴らしく、毎話次回が気になる終わり方が魅力的な作品です。

ちなみに原作は秦建日子さんの小説ですが、ドラマ中盤以降の事件はドラマオリジナルとなっています。

秦建日子さんの主な作品
「HERO」
「救命病棟24時」
「天体観測」
「共犯者」
「ドラゴン桜」
etc…

ドラマ「アンフェア」のあらすじは?

ドラマ,アンフェア,あらすじ

<出典 auビデオパス>

警視庁検挙率No.1の美人刑事・雪平夏見は、未成年を射殺してしまった過去がある。

マスコミに対して、銃を向けたことは当然だと発言したことにより、プライベートまで書き立てられる日々を送っていた。

そんな雪平のお目付役として、新任刑事・安藤一之が相棒として付くことなる。

ある日、何者かから小説が警察とマスコミの元に届き、その内容通りの殺人事件が起きる。

現場には本のしおりに「アンフェアなのは誰か」と書かれたメッセージが残されていた。

犯人からは事件を止めたければ、小説を落札しろとの脅迫文が送られてくる。

果たして犯人は誰なのか?

そして犯人の目的とは一体・・・?

ドラマ「アンフェア」のキャストは?

雪平夏見/篠原涼子

ドラマ,アンフェア,キャスト,雪平夏見.篠原涼子

警視庁きっての敏腕刑事であり、本作の主人公

検挙率No.1でありながら、過去に未成年の犯人を撃ち殺してしまい、反感を買ってしまいます。

度重なるバッシングにより、夫・佐藤和夫とは離婚し、娘・美央とも別居状態となってしまいます。

役を演じたのは「篠原涼子」さんです。

これまでも数々のドラマや映画で主演を務める、実力派の女優さんですよね。

無駄に美人“という愛称にピッタリの配役だったと感じました。

安藤一之/瑛太

ドラマ,アンフェア,キャスト,安藤一之,瑛太

<出典 Twitter>

捜査一課に配属された新人刑事で、雪平の相棒役

型破りな雪平の子守役として相棒に抜擢され、共に難事件解決に挑みます。

話が進むにつれて雪平に恋心が芽生え始め、最終的には・・・。【結末をご覧ください!】

役を演じたのは「瑛太」さんです。

主演を演じられる演技力もある瑛太さんが、部下役として登場するのは何とも贅沢ですよね。

結果的には主役みたいな終わり方でしたけどね!

佐藤和夫/香川照之

ドラマ,アンフェア,キャスト,佐藤和夫,香川照之

<出典 auビデオパス>

日報新聞社の社員で、雪平の夫

雪平が未成年を射殺した事件をきっかけに二人は離婚し、娘は和夫が引き取っています。

ストーリー終盤には、連続殺人犯として全国指名手配されてしまいます。

役を演じたのは「香川照之」さんです。

ラストシーンまで重要な役を演じており、ベテラン俳優ともいえる緊迫感ある演技は見所の一つです。

山路哲夫/寺島進

ドラマ,アンフェア,キャスト,山路哲夫,寺島進

<出典 auビデオパス>

警視庁刑事部の管理官

雪平の上司であり、型破りな彼女を何だかんだ信頼しています。

ストーリー中盤では連続殺人に関係していると疑われてしまう場面もありました。

役を演じたのは「寺島進」さんです。

強面な顔が上司役にピッタリでしたし、寺島さんも渋さってカッコいいですよね。

三上薫/加藤雅也

ドラマ,アンフェア,キャスト,三上薫,加藤雅也

<出典 auビデオパス>

警視庁刑事部の鑑識課検視官

雪平を信頼しており、事件解決の協力を積極的に行うメンバーの一人です。

役を演じたのは「加藤雅也」さんです。

お酒が飲めないキャラとして牛乳を居酒屋で飲む、変わった役でしたね。笑

小久保祐二/阿部サダヲ

ドラマ,アンフェア,キャスト,小久保祐二,阿部サダヲ

<出典 auビデオパス>

警視庁刑事の係長

キャリアを最も大事にしており、型破りな雪平を嫌っています。

上司にあたる山路管理官のポジションを狙っており、山路と対立する場面もありました。

役を演じたのは「阿部サダヲ」さんです。

普段はコミカルで面白い役を演じることも多いですが、本作では真面目な役でしたね。

蓮見杏奈/濱田マリ

ドラマ,アンフェア,キャスト,蓮見杏奈,濱田マリ

警視庁刑事部の情報解析係

雪平の数少ない友人で、お互いに信頼し合っている関係にあります。

本作終盤に犯人の手によって昏睡状態となってしまい、以降は意識不明の入院状態となってしまいます。

役を演じたのは「濱田マリ」さんです。

最初は雪平のパートナー的存在で終わると思っていましたが、まさか事件に絡んでいたとは驚きですよね。

ドラマ「アンフェア」の結末は?【ネタバレ】

ドラマ,アンフェア,キャスト,結末,真犯人,見所,ネタバレ

<出典 auビデオパス>

「推理小説型予告殺人事件」と「募金型誘拐事件」に関係した人物が順番に殺されていく「×マーク連続殺人事件」。

殺人現場には夫・佐藤の名刺が落ちており、佐藤は指名手配となってしまう。

また犯人が作ったと見られるサイトの管理人が佐藤だったことも判明し、雪平も次第に佐藤を疑い出す。

佐藤に直接会い、状況を話すと、「本当の犯人は雪平の愛するものを奪いたいはずだ、だから俺を撃って最初に出てくるのが犯人だ」と佐藤は雪平に告げる。

犯人の作ったサイトから雪平は犯人にメッセージを送り、佐藤と銃を打ち合う。

佐藤が倒れると、まさかの安藤が登場する。

実は過去に雪平が射殺した未成年の少年は、安藤の親友であり、その復讐のために3つの事件を影で操っていたのだった。

安藤は雪平に真実を告げるとその場を立ち去り、当時親友をイジメていたパチンコ屋の店長を殺しに復讐へ向かう。

それを阻止しようと雪平は現場に急行し、最終的には過去の事件と同様の現場、シュチュエーションで安藤を射殺する。

雪平は相棒として信じていた安藤を失ったことに涙する。

その後、安藤の自宅から一枚のDVDが見つかる。

映像は遺言のような形になっており、安藤が雪平に恋心を抱いていたこと告げている内容だった。

一連の事件は全て解決し、雪平が佐藤、美央と共に笑顔で集まるシーンで終わる。

ドラマ「アンフェア」の見所と感想

ドラマ,アンフェア,キャスト,結末,真犯人,見所,ネタバレ,感想

<出典 auビデオパス>

予想できない真犯人

本作では全部で3つの事件が繋がる形で展開されていくストーリーです。

どの事件についても、視聴者側が予想することは難しく、見応えのある内容となっています。

特に最終的な大オチの部分は相当感の良い方でないと、予想できないくらい上手く隠しながら展開しているなと感じました。

僕はなんとなく安藤が犯人っぽいなぁ〜と思いながら見てしまったのですが、親友との繋がりで・・・という動機までは分かりませんでした。

真犯人が予想できない展開は、日本のドラマではそう多くないですし、最後まで楽しめるドラマだと感じました。

度々犯人と思わしき人物が浮上するので、疑いながらも最終話まで楽しめるのがおすすめポイントです。

二転三転変わる展開

本作の見所として、予想していた展開から何度も状況が変わっていく面白さがあります。

最初の事件でもある「推理小説型予告殺人事件」に」始まり、ひと段落するやいなや「募金型誘拐事件」がスタート!

そして最終的には、上記の事件が全て繋がる「×マーク連続殺人事件」へと繋がっていく様は、一視聴者としてかなりワクワクしました。

恋愛ドラマとかだと、中盤の中だるみなどを感じがちじゃないですか?

そういった不満はアンフェアを見ていて感じませんでしたし、むしろ真相を早く知りたいとすら思って見ていました。

次々に新しいことが起きる展開に飽き飽きせずに見れるドラマとしても、おすすめできる作品でした。

篠原涼子さんってやっぱスゲー女優

本作を見て、改めて女優・篠原涼子は凄い方だなと痛感しました。

これまで20回以上も国内で賞を受賞しており、実力は言うまでもないのですがね。

ちなみにアンフェアでも3つの賞を受賞しています。

最近の日本ドラマを見ていると、見るに耐えない方って多くないですか?笑

アンフェアに出演している方はどの方も上手ですし、ドラマにスッと入っていけます。

だからこそ集中して最後までストーリーを楽しめますし、ハラハラできるんですよね。

その中でも主役の篠原涼子さんは緩急が素晴らしく、状況によっての演じ方が秀逸だなと感じました。

今でもなお活躍し続けている女優さんですが、全盛期に近い時期の篠原涼子さんの演技を是非見直してみてくださいね♪

ドラマ「アンフェア」が見れる動画配信サービスは?

ドラマ,アンフェア,見れる,動画配信サービス

<出典 auビデオパス>

ドラマ「アンフェア」が見れる動画配信サービスは以下の6つです。

個人的におすすめなのは、「Amazonプライム・ビデオ」です。

僕はこちらのサービスで視聴したのですが、50,0000本以上もの映画やドラマ、アニメ作品などを楽しめます。

またAmazonで商品を購入する際の送料が無料になったりと、嬉しい特典も多数ありますよ。

是非この機会にご登録をおすすめします!

ドラマ「アンフェア」が見れる動画配信サービス!

まとめ

ラストまで読めない展開にドキドキするドラマとして、見応え十分の作品でした。

3つの話で構成されたストーリーでありながら、最後に点と点が繋がる気持ち良さはたまらんですよね。

それに内容もしっかりしており、毎話楽しめる展開が見所のドラマだと感じました。

出演しているキャストも今思えばかなり豪華ですし、実力派俳優・女優さんばかりですよね。

2006年の作品でありながら、今見ても面白いドラマですので、是非見ていない方は見るべし!

結構多くの動画配信サービスで視聴することができるようですので、もしかするとお使いのサービスで今すぐ見れるかもしれませんね。

無料視聴期間を使って一気見も可能ですので、おすすめですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください